ウルトラセブンの最終回とリパッティのシューマンピアノ協奏曲

史上最大の侵略

ウルトラセブン,シューマン,リパッティ

ウルトラセブンの最終回。

 

度重なる怪獣達との戦いにより、モロボシ・ダンの身体は限界に達していた。
脈拍360、血圧400、熱が90度近くある状態では精密検査を受ければ自分が人間でない事がわかってしまう。

 

 

ウルトラセブン,シューマン,リパッティ

基地から消えたダンは少年の部屋に隠れるが、少年から連絡を受けたアンヌ隊員がダンを迎えに来る。

 

『アキオ君って子供が電話で教えてくれたの、ダンがここにいるって』
『なぜ逃げたりなんかしたの? ねえ、教えて』

 

 

最後の戦いに挑むモロボシ・ダンが、アンヌ隊員に自らがウルトラセブンであることを告げる印象的なシーンから流れ始めるのが、ディヌ・リパッティのピアノ、カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団による、シューマンのピアノ協奏曲である。

 

 

ウルトラセブン,シューマン,リパッティ

『アンヌ、僕は…
僕はね……人間じゃないんだよ!』

 

『M78星雲から来た
ウルトラセブンなんだ!!』

 

 

 

ウルトラセブン,シューマン,リパッティ

『びっくりしただろう……?』

 

『ううん…
人間であろうと、宇宙人であろうと、ダンはダンに変わりないじゃないの、
たとえ、ウルトラセブンでも』

 

 

そして、アンヌ隊員の静止を振り切ってセブンに変身するが、フラフラの身体では、パンドンの攻撃に一方的にやられ放題のセブン。

 

 

ウルトラセブン,シューマン,リパッティ

渾身で放ったアイスラッガーもキャッチされてしまい、逆にアイスラッガーを手にして優勢になったパンドンがジリジリと迫る。

 

劣勢状況の中で、パンドンが放ったアイスラッガーを居合い切りのごとく切り返し、首を切断し勝利を納める。

 

 

 

ウルトラセブン,シューマン,リパッティ

ボロボロの身体で立ち上がり、セブンは故郷に帰って行く。
シューマンのピアノ協奏曲、第1楽章が終わるとともにセブンが飛び立って行く。
心憎い演出だ。

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラセブン,シューマン,リパッティ

不治の病、リンパ肉芽腫症のため33歳で夭逝した天才リパッティ、そして鬼気迫るこの演奏は、それでなくても名演である。

 

ブザンソン音楽祭における最後のリサイタルでは、彼は医師の中止勧告を振り切り出演した。そして、『僕は約束した。僕は弾かねばならない』と繰り返し、ピアノに向かった。ホールから楽屋までの階段を一段一段、息を切らしながら上がったその光景を、のちに妻が『まるでゴルゴダの丘に向かうイエス・キリストのようだった』と回想したほど体調は悪化していた。

 

そしてショパンのワルツを演奏している途中で体調が悪くなり、いったん控え室に戻って注射をしてもらってステージに戻ったというエピソードも伝えられている。

 

しかし14曲あるショパンのワルツの最後の一曲が演奏されることはなかった。彼の肉体は、ついに力尽きてしまった。

 

その2ヶ月後、彼は短い生涯を閉じる。

 

 

リパッティとモロボシダン。2人の共通する高潔で頑強な精神力が、ウルトラセブンの最終回をより高い水準に作り上げていると言えるでしょう。

 

 

リパッティ生誕100年、そしてウルトラセブン放送50年を記念してリマスター録音!

 

ウルトラセブン,シューマン,リパッティ

 

画像をクリックすると詳細ページにジャンプします。

ワンクリック詐欺ではありませんのでご安心ください。

page top